宿泊施設

江丹別地域には、ホテル、旅館はありませんが、若者の郷の若者センター、ロッジ、さらには拓北地区の2件の民泊施設、新しくできた春日地区の農村体験住宅で宿泊が可能です。

1 若者の郷(若者センター)(電話73-2409)

若者センターは、若者の郷全体の総合管理棟であるとともに、宿泊も可能な施設です。

研修やそば打ち体験が行える133.7㎡のホールの他、2階に4室の研修室があります。

使用可能日時は、12月30日から1月4日を除く毎日の、9時から21時まで(宿泊時を除く)です。

2 若者の郷 ロッジ(農村体験実習館) (電話 1と同じ)

背後に森林が配置された小高い丘に4棟のロッジがあります。

ロッジからは、目の前に、市民農園ややまびこ広間があり、その向こうには、放牧された牛たちが草を食む市営牧場が広がり、季節の良い時期には絶好の癒しの場となります。
ここでは静かな時間が、ゆったりと流れていきます。

また、シルバーの骨組みの構造物が見え、かつて昭和50年代に旭川の音楽イベント「ライブジャム」のステージとなった場所です。

ロッジは、収容人員12人のグループ向け用が1棟と収容人員5人の家族向け用が3棟あります。

お風呂、トイレ、台所、テレビ、冷蔵庫の他、電子レンジや食器類などの調理器具も完備されています。(寝具は組数に応じて、別途料金となっています。)

宿泊利用と日帰り利用があります。

使用可能日は、4月1日から11月30日までで、冬期間は使用できません。

3 民泊・ゲストハウス・オサラッペ(電話 73-2333)

畜産・酪農地帯の拓北地区にある、「ゲストハウス・オサラッペ」では、民泊を行っています。

要予約ですので、お問い合わせください。

4 民泊・旭川あらかわ牧場(電話 73-2107)

「ゲストハウス・オサラッペ」の向かい側にある「旭川あらかわ牧場」の家の前には、写真のお出迎え用の牛のモニュメントがあります。

この牧場では、牧場体験をメインに行っており、民泊も可能です。

こちらも要予約ですので、お問い合わせください。

5 農村体験住宅 リスの家

春日地区居住者が、「春日の地区を守り、残してていきたい」との思いから、宿泊施設(日中だけの利用も可能)を建てたものです。

春日青少年の家を通り越し、林に囲まれた上りの舗装道路を進んで行くと、あります。

キッチン、洗面台、トイレ、シャワー、暖房(薪ストーブ)、冷蔵庫、レンジ、炊飯器、トースター等の自炊設備完備です。

食材等は、車で5分ほどのコンビニか、10分ほどのスーパーで調達できます。

お問合せ先はホームページ(「農村体験住宅 リスの家」)をご覧ください。

「地域の施設等」のページへ